<< 引退生紹介第四弾【トミー冨塚役・制作補佐:おがわわわ】 | Main | 引退生紹介第6弾【星田役/舞台監督:J/七岐大蛇】 >>
2018.12.08 Saturday author : 劇団カオス

引退生紹介第5弾【加奈子役/衣装メイク:稲永のこ】

おはようございます!12月公演制作のどら子です。

いよいよ今日は仕込み日(*´∀`)♪本番までのあとすこし、もうひと頑張りです。


今日の引退生紹介は、

早着替えの魔術師~瞬きの数だけ七変化~

こと、稲永のこさんです!


※あだ名は一時のテンションで一部の団員が勝手に決めました


☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆


.オスに入った理由はなんですか?

「私が高校3年生の冬、友達と大学のサークルの話をしていたんです。

私がダンスか合氣道かで迷ってたら、友達が「演劇の方が向いてる」って言ってくれたんですよね。

それで、大学入学時になにげなく新入生歓迎公演の'マスカレード'を見に行きました。

そしたら、予想以上に本格的で、感動したんです!

更には、新歓でカオスの居心地の良さに惹かれ、入部を決めました。」



▲オスでは主にどんなことをしてきましたか?こだわりポイントなども教えてください!

「私は役者も衣装も照明もやってきたんですが、一つだけ挙げるとしたらやっぱり役者ですかね…?

私の役者をやる上で、一回生から意識していたこだわりがあります。

それは、「"稲永のこ(私の名前)"役=普段の自分」を軸に、舞台上の役を展開することです。

これ説明するのがすごく難しいんですけど…興味のある人だけどうぞ読んでください笑

(私たちは普段、なにげなく会話しています。

それは私が"稲永のこ"の人生経験を経て得た表情や言葉を使ってるに違いないでしょ?

これを、役に置き換えるんです。

例えば"加奈子"役だったとします。

そしたら、台本上にある"加奈子の台詞"は、"加奈子"の人生経験に基づいて出てきた"言葉"ということになります。

つまり、自分が"加奈子"になるということとは、

加奈子を取り囲む他の役の台詞を投げかけられた瞬間に、一番に思い付く言葉が、

たまたま(ある意味では必然的に)台本に書かれている台詞と同じになるということなんです。)

まぁ重要なことは、細かいことを考えずに、台詞から考えられる人生経験をしたつもりになって、台詞を言葉にすることですね。」


0貳峪廚てれのある公演はなんですか?

「難しい!正直どの公演でも自分ではその時できる100%で動いてましたし、自分なりに成長できたと思ってます!

敢えて挙げるなら、今年の10月公演ですね。

稽古もたくさん出来たし、

自分自身の役者としての魅力にも気づけたし、

先輩として後輩に指導することもできました。

あと、お手伝いに、自分の大好きな照明の先輩や同輩がたくさん来てくれたのも幸せでした(*^^*)」


い気に入りの写真と、その理由を教えてください!

「私のお気に入り写真は、「シュート風景」!

いやー、照明班が一番かっこよく見えるのはこのときだと思います笑

シュートは大変ですが、照明班全員で協力して舞台を美しく見せようとするのが本当に好き!かっこいい!

それに、照明班の先輩同輩後輩みんな優しいから一緒にいるだけで幸せなんですよね〜笑」


ズ8演で引退ですが、最後にコメントをどうぞ!

「改めましてこんにちは、稲永のこです。

最後のまんだらに、後輩へのアドバイスを載せるか、同輩に伝えたいことを伝えるか、で迷ったんです。

けど、後輩へのアドバイスは、引退式でするとして…。

この場を借りて、私は3回生のみんなに伝えたいことがあります。


突然ですが…私、違うサークルに入ってたらとっくに辞めてたと思うんです。

たまたま今の3回生のみんなと同期になって、

たまたまいい先輩と後輩がいたから、

こうやって引退の言葉が書けてる。

そう思います。


今だから言えることなんですが、一回生の新人公演終わった時、カオス辞めようかなって思ってました。

理由は…私は大学でやっておきたいことが多すぎたからだと思います。

けど、みんなが私を支えてくれたおかげで、いつしかそんな考えは無くなりました。


そして、今まで続けれるぐらい、完全にみんなに甘えすぎました。

当然続けるなかで苦悩はありました。

カオス第一に生活してる他の部員がいる横で、私はいろいろ手を広げていましたから。

やっぱり申し訳なさがあったし、

実際自分はみんなのお荷物に違いないと確信した瞬間もありました。


けれど、

役者として演出からオファーが来たり、

役者や演出が衣装を褒めてくれたり、

普段たわいないことで私に話しかけてくれたり。

そんなことで"自分はここにいてよかった"って感じました。

そして、"支えられてここにいれてる"って。


もうみんなには、感謝の気持ちしかないです。

みんな、ありがとう。(もちろんサバミソちゃんもやで!笑)

カオスで輝いているみんなの姿が大好きです。


これから先、それぞれの道に進むことで一緒に演劇できなくしまうのは本当に寂しいです。

けれど、この3年間カオスで得たことを糧にみんなが前進していくのだと思うと、楽しみです!


みんな、最高のカオス生活をありがとう!」


☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆


役者や衣装メイクとして表から、裏からカオスの公演に係わった稲永のこさん。

演劇についての熱い思いは3回生の中で誰よりも強いと思います。その姿勢に刺激を受けることも多かったです(`・ω・)


3年間お疲れ様でした!

| - | 09:23 | comments(0) | - | pookmark |
2018.12.11 Tuesday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 09:23 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









カラメル - ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド
カラメル - ユーモアと物欲を刺激するショッピングガイド